天保12年(1841) 9月2日 伊藤公(幼名、林 利助)束荷で生まれる。
引化 3年(1846) 12月20日 父・十蔵が萩へ移住したため、母・琴子の実家である秋山家に預けられる。
嘉永 2年(1849) 3月7日 母とともに萩へ移る。
嘉永 3年(1850) 伊藤公生家、暴風雨で倒壊。
安政 4年(1857) 2月 來原良蔵(桂小五郎の義弟)の配下となり、相州出役を命ぜられる。
同年 9月 相州出役を免ぜられ萩に帰るとき、來原の添書により松下村塾へ入る。
安政 5年(1858) 2月 先祖の墓参りのため束荷村秋山家を訪ねる。
文久 3年(1863) 5月12日 井上聞多ら4名とともに、イギリスへ密留学のため横浜を出港。
元治元年(1864) 6月10日 四国連合艦隊長州藩襲撃の報道を聞き、ロンドンから横浜に帰港。
同年 8月 四国連合軍との講和会議に、通訳として出席。
同年 9月5日 修交特使井原主計に従い、他2名とイギリス軍艦に便乗して下関から横浜に行く。
慶応元年(1865) 5月 岩国藩吉川監物へ、藩主の用務を伝えるため岩国に行き、その帰路、束荷村秋山家に立寄り一泊する。
これが最後の帰郷となる。
明治元年(1868) 5月23日 兵庫県知事となる。
明治 2年(1869) 7月 大蔵少輔となる。
明治18年(1885) 2月22日 初の内閣総理大臣となる。
明治42年(1909) 3月1日 伊藤公記念館着工。
同年 10月23日     〃   棟上。
同年 10月26日 伊藤公、満州ハルビン駅で遭難。逝去。
明治43年(1910) 5月 伊藤公記念館落成。
同年 11月13日 林家祖先300年忌追善祭を伊藤公記念館で挙行。
大正 6年(1917) 11月12日 伊藤公生誕地、記念館敷地の一部が県から束荷村へ貸与される。
同年 11月30日 伊藤公生誕地、の敷地造成工事入札。
大正 7年(1918) 11月27日 伊藤公生家の建設工事入札。(翌年完成)
昭和27年(1952) 伊藤公記念館が大和村へ無償で払い下げられる。
昭和54年(1979) 8月 記念館の修繕や防犯装置の設置を行い、老朽化し不用となった管理人住居を解体。
同年 9月10日 伊藤公記念館新装開館。
平成 3年(1991) 9月2日 伊藤公生誕150周年記念式典。
平成 9年(1997) 9月2日 伊藤公資料館新設開館。