前のページへ戻る




平成26年6月10日号 発行:鹿野町商工会


田舎暮らし体験モデル住宅で改修した旧田原歯科「愛ちゃん家」


平成26 年度 商工会の収支予算
【収 入 の 部】 【支 出 の 部】
科 目 金額(千円) 割合( %) 科 目 金額(千円) 割合( %)
会 費 1,760 10.7 経改事業費 12,643 76.3
県補助金 9,424 56.9 記帳機械化事業費 267 1.6
市補助金 2,507 15.1 一般事業費 210 1.3
手数料収入
共済委託料収入
2,405 14.5 周南ブロック商工会連携事業 210 1.3
引当金繰入収入 10 0.1 管理費 2,454 14.7
その他 342 2.1 資産取得支出 10 0.2
前期繰越金 105 0.6 その他 7 0.1
合 計 16,533 100.0 合 計 16,533 100.0

鹿野地区共済担当紹介
ジブラルタ生命株式会社 三浦盛雄氏(出身鹿野)
担当者が訪問した際にはよろしくお願いいたします。

5月24日25日 鹿野ブランド創出研究会主催で、第3回“いっておかえり。鹿野市”開催しました。

「いっておかえり。鹿野市」~懐かしくて、あたらしい、昭和のかほり~

5月24日25日鹿野ブランド創出研究会主催で、第3回“いっておかえり。鹿野市”開催しました。

今回のテーマは「田舎暮らし体験モデル住宅(愛ちゃん家)お披露目」、「鹿野新茶」、「蔵出し市」とし、愛ちゃん家は今後鹿野の人口を増やしていくために、お試しで短期で泊まっていただき、鹿野地域の良さを感じていただき、良ければ将来別の空き家に居住していただくための仕掛けの住まいです。
また鹿野新茶は過去の歴史のある「鹿野茶」をもう一度広く情報発信して、出来ればパッケージも考えより良い商品化を図っていく目的で実施しました。
2日間とも天気に恵まれ、今回はマスコミ関係の広報と当日の取材もあり、大変多くの方が訪れ盛況に行うことが出来ました。
また、同時に鹿野の風プロジェクトでもcaféや食事処や農産物販売店等のお店で、古くから歴史の有る鹿野の新茶を使って、飲物やスィーツを提供して、来店客におもてなしをして大変喜んでいただきました。