秋穂八十八ヶ所お大師まいり

 秋穂八十八ケ所の歴史は古く、江戸時代天明3年(1783)に遍明院八世性海法印が四国霊場から御符と御砂を持ち帰って霊域を定めたと伝わっています。第一番札所は、正八幡宮境内に隣合う大師寺。第八十八番は、宮之旦公民館近くにある大師堂で、本尊は子安大師、子供の病気に霊験あらたかと伝えられています。旧暦3月20日・21日の弘法忌は、賑わいます。秋穂のあちこちには、道ゆくお遍路さんの姿と心のこもったお接待が繰り広げられます。